ママとベビーのトータルケア 


by midwife-tanpopo

おひな巻きの威力実感!

ここ最近、おひな巻きの威力を更に強く感じた出来事がありました017.gif

ケース1
生後16日目の赤ちゃんが、おっぱいが上手に飲めないという訴えで来院されました。
赤ちゃんはいつも不機嫌で反り返って泣いてばかりいるそうです。
パパが赤ちゃんを抱いて同行されましたが、今にも赤ちゃんが落ちそうな感じで、
身体をねじり、反り返っていました007.gif
ママのおっぱいは少し乳首は短いけれど、とってもいいおっぱい053.gif

おひな巻きをして身体を緩めた後、授乳をしたら、あら不思議!
あっという間に左右のおっぱいをごくごく飲めちゃいました!
「今までどこで何をしてもらってもうまく飲めなかったにのに!」と
ママもパパもびっくり005.gif

ケース2
生後3ヶ月近くになるベビーちゃん。
ここ1ヶ月ぐらい前からおっぱいを飲ませようとするとギャギャー泣いて
飲んでくれなくなったとい訴えで来院されました。
赤ちゃんが何となくいつも不機嫌で泣いてばかりいて、寝ているとき
不自然に身体をねじっているそうです。右側の頭がへこんでしまったとママ心配そう。
せっかくの可愛いお顔が頭の変形とともに歪み、お口を開けても歪んでいました。

こちらのベビーちゃんもおひな巻きとスリングにしばらく入ってもらって
背中や首の緊張を緩めてから授乳。
あ〜ら不思議。ちゃんとおっぱい吸えたではないですか053.gif043.gif
良かった〜。大成功!
しかも、ベビーちゃん帰られる頃にはお顔が丸くなり、表情が和らぎ、身体が柔らかくなって
益々可愛くなっておられました。
これから頭の変形も少しずつ治していきましょう001.gif

恐るべしおひな巻き!!

ケース3

マタニティーヨーガに通っておられた妊婦さんが、ご出産後に
赤ちゃんとご一緒に来院されました。

赤ちゃんの頭が大きくてお産が長引き、吸引分娩になってしまったようです。
出産後赤ちゃんがずっと泣きっ放しだったため、妊娠中に勉強しておいた
おひな巻きをしてあげられたそうです。
すると、ぴたっと泣き止み、ほっとされたそうです。
病院のスタッフもびっくりされたようです。
吸引分娩の赤ちゃんは、当日キーキーと甲高い声で泣かれることが多いのですが、
出産後、即おひな巻きが役立って本当に良かったです。
産まれたその日からおひな巻きが必要なことが良くわかりました045.gif

おひな巻き最強です029.gif

赤ちゃんが産まれるご家族全員、ぜひ産まれる前から知っておいて欲しいです。
一人でも多くのママと赤ちゃんが救われますように056.gif
笑顔で過ごせますように058.gif072.gif
[PR]
by midwife-tanpopo | 2013-06-14 22:24 | 診察日記