ママとベビーのトータルケア 


by midwife-tanpopo

おすすめ!まるまるだっこ♪


たんぽぽ助産院にいらした、お母さんの一言でした。


「(出産して)退院するときに、看護師さんに言われたんです。
『大変だと思うわ。でも、あなたなら大丈夫。がんばってね。』」




赤ちゃんはそれぞれに、産まれながらの個人差があります。
【育てやすい】【育てにくい】といった性格もあります。

どうやら入院中に、【育てにくい】認定をされてしまった赤ちゃん・・・
看護師さんの言われるとおり、退院してみたら本当に大変だったそうです007.gif

すぐに泣く、泣きやまない、寝ない、おっぱいを飲まない・・・

そんなときに「がんばってね」とは言われるものの、

【なにをどうがんばればよいのか??】





実際、私(東福)は出産当時、わかりませんでした008.gif
おむつでもなく、おっぱいでもなく、泣いている原因がわからないまま、
時間だけがどんどんたってしまうときに、
(もう!なんなのよー!!!)と怒りモードになってしまうことが
何度もありました。

そして、子育てに煮詰まってしまった時に周囲から聞くことは、

「たまには誰かに預かってもらって、リフレッシュしてきなさい。」


                おっぱいは置いていけない


「子育てってそういうものだから。がんばってね。」


                だから、がんばってるよ・・・


というようなものでした。





たしかに!誰かに助けてもらうこと、預かってもらうこと、
リフレッシュすること~それはとても大事なことなのですが、
それは一時しのぎにすぎません。

もっと根本的な原因を知り、具体的にがんばれるようになることを、
やっとたんぽぽ助産院で知りました。






たとえば、赤ちゃんを抱っこするとき、
こんな姿勢になっていませんか?



c0171049_11501427.jpg


(撮影・発達クラス担当 竹内先生)



体が反っていて、ぴーんと硬い。
腕が体の後ろにいく(なぜか前にこない)



(知らないときは)赤ちゃんの姿勢ってそんなものかな~と思っていましたが、
この姿勢・・・実は体が緊張していて、うまくリラックスできていないようです。

大人もそうですよね。体がずっと緊張していると、やけに疲れたり・・・、
そしてマッサージなどして体がやわらかくなった状態は、リラックスして、
幸せな気持ちになりますね。

赤ちゃんの体も同じ♪
緊張した姿勢を「ゆるめてあげる」ことで、リラックスが上手になり、
にこにこの時間が増えるようです。



c0171049_11521628.jpg


まるまるだっこ♪
(撮影・発達クラス担当 竹内先生)



実際に、(もう子育てが大変で・・・)とおっしゃっていたお母さんが、
野澤さんから、赤ちゃんの体をゆるめる「まるまる抱っこ」をレクチャーされ、
おうちでも実践されて、次に助産院へ来られたときには、

「すごく変わりました。かわいいと思えてきました~053.gif。」

と、赤ちゃんとの生活が前向きに変わってきた!とご報告くださっています。




↑ ママと赤ちゃんがにこにこ♪ とてもうれしい瞬間です001.gif


(抱っこで変わるの?)と思われた方、ぜひクラスなどを体験されてみて
くださいね。

なお、まるまる抱っこは産まれてすぐにスタートするので、
なによりいちばんのベスト!は、妊娠中に練習されておくことです072.gif
「まるまる抱っこ→スリング」を事前にマスターされておくと、
きっとスタートがラクになると思います♪
[PR]
by midwife-tanpopo | 2010-11-09 11:59 | スタッフ日記